「ドライバー飛距離なんて要らない」を検証。妄想で。

スポンサーリンク

 

どーもショートコース番長目指してるゴルフ初心者babgolfです。

ショートコース番長目指してるからと言って本コース回りたく無い訳では無い。

むしろ激しく回りたい。

 

でもこの先、数ヶ月コースに出る予定ないので

とりあえず妄想で楽しむ。

 

ショートコースと本コースの決定的な違い。

ドライバーを打たなくてはならない。

別にドライバーで無くても良いじゃんってのはとりあえず置いといて。

 

ぼくドライバー飛びません。

つーか全クラブ飛びませんけど。

「飛ばないだろうな」ってのは実はゴルフ始める前から分かってたんです。

男性にしてはかなり非力な方なんで。

 

実際ゴルフ始めてみると想像以上に飛ばない。

 最初はけっこう悩みました。

 

ある日ネットで色々検索してたら凄い魅惑的な言葉を発見。

「ドライバーは150ヤード飛べば十分」

久富章嗣先生との出会いでした。こちらがネットで勝手に出会っただけですけど。

 

その辺りからボク打ちっぱなしにあんまり行かなくなりました。

長距離は二の次で、とにかくショートゲームを練習しようと。

そして色々試行錯誤するうちに

「ショートコース番長目指しつつゴルフ歴2年で90切り目指す、100切った事ないのに」

と言う現在の訳わかんないスタイルに落ち着いてしまいました。

 

錯乱気味に目標公言してしまったのがコチラ↓

babgolf.hatenablog.com

 

全くドライバー練習してないわけでは無いんです。

たまーに打ちっぱなし行きます。

「えっこんな雨降ってんのにショートコース回るの?」って

練習場の方に引かれそうな時は打ちっぱなしで練習します。ほんとは回りたいけど。

 

 話を戻します

「ドライバー飛距離なんて要らない」を妄想で検証してみる。

ほんとに妄想だけで検証すると、すごーく文章化しにくいんで文明の利器の力を借ります。スマホとアプリ使って妄想ゴルフ。

 

「ゴルフな日 無料版」

プランニングモードが妄想ゴルフにうってつけっす。

f:id:babgolf:20180725101456j:image

 

妄想に使うホールは511ヤードのPAR5。

ド初心者の頃に打ちのめされた覚えがあるホールっす。

 

第一打は久富章嗣先生の教えを守り

「150ヤード打って転がって180ヤード」のイメージ。

 

ちなみに練習場では低い弾道で打つようにしてます。曲がってもOBになりにくいように。保険です。

 

少し控えめに170ヤード飛んだ事にしてみました。

残り320ヤード。まだ遠いなー。

 

f:id:babgolf:20180725175838p:image

 

第二打は

とにかく安全に150ヤード運びたい

 久富章嗣先生は「ロングホールの第二打はミスっても200ヤード飛ぶ3W」って書いてらっしゃるんですが今の僕には3W無理っす。ここは教えに背きます。

 

5番ウッドのハーフスイングで150ヤード運んでみました。

オーバークラビングでハーフスイングは先生の教えを守っております。

ここも理想は低い弾道の球です。

 

いったん念の為いっておきますが今書いてんの全部妄想ですから。

アプリ使ってシミュレート中です。

 

一応「今の僕が出来る事」の中から選択してるつもりではありますが。

 

妄想の第二打が成功した場合が下の画像。

ピンまで残り170ヤード.

f:id:babgolf:20180725175852p:image

 

ここらあたりから妄想ではなくリアルな感じがしてきますね。

だって馬鹿みたいにショートコース回ってるから僕の領域。

ショートコースの距離感まで侵入してきました。

 

第三打のイメージは

・ボギーオン狙いだからグリーンに乗せる必要はない。

・グリーン手前右のバンカーには入れたくない。

・そしてグリーン左のバンカーまで届かせたくない、左のラフでも構わない。

 

選択したのは7番ウッドでハーフスイング。

結果、下の画像の様になりましてシミュレーション的には大成功なんですが。

 

おそらく本番で7番ウッドで打ったら右のガードバンカーに捕まってる予感がビシバシ。

「50ヤードくらい残ってもよかったから13番ウッドが正解だったかなー」

と反省中。妄想なのに。

 

でも妄想とは言え打ってしまったもんはしょうがない。それは本番も一緒っすよ。

 

そして第四打っす。

肝心要のボギーオンのショットっすよ。

ピンまで残り34ヤード。

 

f:id:babgolf:20180725175906p:image

もーここまで来たら深く考えません。

ここから先はほぼ条件反射です。

ショートコースで散々練習してきたシチュエーションです。

 

迷わす8番アイアンの転がしです。

先生の教え通りにピンまで3メートル以内で良いので寄せる。

1パット目は絶対狙わないで寄せに徹する。

2パット目を無事に入れて妄想完了。

 

見事4オン2パットのボギー。妄想ですけど。

パチパチ。

 

わかってますよ。世の中そんな甘くないって(涙)

 

でも、まー僕の飛距離でも正確性を追い求めればロングホールをボギーで乗り越えられると妄想ベースではありますが立証できましたよ。

 

よし、少しでも妄想を現実に近づけるために

明日もショートコースで頑張ろうっと。

 

それではまた次の夜に。おやすみなさい。

 

追記 平成30年11月26日現在でのドライバー飛距離

上記の記事で妄想してた頃よりはだいぶドライバー飛ぶようになってきました。

まだ全然飛ばないけどねー。

でも久富章嗣先生が仰ってる「ドライバー150ヤード飛べば良い」がリアルな実感として分かってきた今日この頃。

頑張るっす。

www.babgolf.com