「書斎のゴルフ」届いたっす。

スポンサーリンク

どーもショートコース番長目指してるバブゴルフです。

注文してた「書斎のゴルフ」届きました。

 

第一印象「厚い」


つーか自立してます。

f:id:babgolf:20180815202536j:image

とりあえず今日はザーッと内容だけ確認してみました。

焦って読むのも勿体ないし。


季刊誌です。1年に4回発刊。
まず感じたのが物凄い読み応え感。

活字が7割で写真・イラストが3割って感じ。

「文藝春秋」とかのアノ感じっすね。

文系ゴルファーには堪んないっすね。

 

念のため言っておきますが「文春砲」の感じではないですよ。


この中身を消化しきるの1〜2ヶ月じゃ無理ですね。

まー写真のように縦に立つくらいですからねー。

3ヶ月でも消化しきれないんじゃないかな。3ヶ月たつと次号出ちゃうけど。

 

一つ一つの記事が濃いーっすね。

パット一つとっても凄〜く深く掘り下げてる。

 

バットは深く考えないをモットーにしてるんですがコレ読んじゃうと深く考えたくなっちゃうかもなー。

 

目次だけ見てても、なんかクラクラ眩暈がしそうなほどワクワク感満載なんですが。

「これは正座して読もう」って思った記事がふたつ。

 

故・中部銀次郎さんのショートゲーム観について書かれた記事(約15ページ)

久富章嗣先生のラウンドレッスンの模様を書いた記事(約15ページ)


今日から肌身離さず持ち歩きます。読破したらスコア10くらい縮みそうな気がしてきた。

 

ではまた次の夜に。