ゴルフ始めた頃からうっすら気づいてた「捻転」の大事さ確信。

スポンサーリンク

 

どうもショートコース番長目指してるバブゴルフです。 

 

 今日はショートコースでスコアのことは何も考えずに、ひたすら色々確認してきた。

4時間ほど。もっと居たかったけど。

ままならんね。

 

時間が欲しい。 

 

でも楽しいっす。

そしてメチャクチャ悩む。それもまた良し。

それでは今日も「気付き」いってみる。

 アイアンは「裏のコック」そこまで意識しなくて良い。

最近手ごたえ感の強いテーマ「裏のコック」

練習場の人工芝で試したら良い感触でショートコースで実践して確信へと変わりつつあります。

 

でもアイアンはそんな強く意識しなくても良いかなって本芝で打ってみて思った。

 

逆にウェッジは意識し過ぎると左へ行く。

 

うっすらと頭の片隅で意識するくらいが良いのかなと。

つーか、それができれば色々困んないんだけどねー。

 

素振りしよう。

 

フェアウェイウッドは「裏のコック」の意識は必須。

さすがにフェアウェイウッドは気を抜くと一発で右に持って行かれる。

でも意識しすぎると、それはそれで何かしらが変になる。

さじ加減むつかしーっす。

 

でも確信が一つ。

「たぶんボク今正しい方向へ向かってる」

 

何故なら

弾道が明らかに変わってきたっす。

 

今の僕が絶対意識しないといけないのは「捻転」

って「裏のコック」の事ここまで散々書いてきていきなり「捻転」なんですが。

 

スイング中「あーしよう、こーしよう」って考えるの駄目っすよね。

僕は駄目です。

 

本芝で打ってみて「裏のコック」はなんとなく意識してるレベルでも機能するって分かったんで。

素振りとかで「クセにしてしまえば」OKだと。

 

やっぱ素振りしよう。

 

だから打つ時「裏のコック」は1番の注意点ではなく。

 

1番大事なのは

「捻転」っす。

実は今よりも、もっと初心者の頃から薄々と気づいてはいたんですが。

 

最近確信に変わってきた。

 

キチンと捻れば、なんとかなる。

 

 あー、やっぱり素振りせねば。

 

それではまた次の夜に。