【ゴルフ】「パットでスコアを引き算しようとしてはいけない」中部銀次郎

スポンサーリンク

 【パットでスコアを引き算しようとしてはいけない】

【パットでスコアを引き算しようとしてはいけない】

どうもショートコース番長目指してるバブゴルフです。 

 

2週間後に迫った1年ぶりのラウンドに向け数少ない伸びシロを探しまくってる秋。

今日はパッティングで伸びシロを見つけたい。

 

今日この記事を書いたことによりスコアが「1」縮むことを願う。

 
 
 それではいってみよー。
 
 
 

 中部銀次郎先生の教え。

「書斎のゴルフ」を読んで出会った中部銀次郎先生のお言葉。

「パットでスコアを引き算しようとしてはいけない」

 

肝に銘じております。

肝に銘じておるんですが、やっぱ難しーっすよね。

 

でも「難しい」とかは言ってらんない状況でして、1年ぶりのラウンドまで半月切ったし。

4パットだけはしてはいけない。

「パットでスコアを引き算しようとしてはいけない」

このお言葉に初めて出会って書いた記事がコチラ。

www.babgolf.com

今読み返すと甘いな。駄目だな。

そして文章が下手だな(涙)

今も下手なんだけど(涙)

まーそれは置いといて。

 

ボクの今のレベルで「3パットは絶対しない」はハードル上げ過ぎて逆に失敗するかなと。

3パットは状況によっては可。

ショートコース回ってて結構マグレでパーオンする事が増えてきた今日この頃。

それ自体は喜ばしい限り。

でもマグレのパーオンだから残るのは大概ロングパットなんだよね。

 

ここで「3パットしちゃダメだ」って思って打つと、どショート。

結論「ロングパットはせーので打つ」

 

ボギーオンペース目指しててダボオンした時。

欲が出るんすよねー。「絶対2パットで入れたい」って。

 

ここはもう諦める。「3パットで可」って。

久富章嗣先生が仰ってます。

「ミスを取り返そうとするな」と。

 

「ボクはパッティング得意」と思いこむ。

苦手と思ったことないっす。

良い機会なんで自分に刷り込んでみようかなと。

 

「ボクはパッティング得意」

「ボクはパッティング得意」

「ボクはパッティング得意」

「ボクはパッティング得意」

結局は「自分の欲」との勝負になりそうです。

 刷り込み完了しました。そんな甘いもんじゃないって分かってますけど・・・。

 

ショートコース回ってるだけでも欲望うずまいてんのに本コース回ったらどーなるんだろうボクの欲望。

 

 

それではまた次の夜に。