祝ベストスコア更新「27」ショートコースですけど。

スポンサーリンク

 どうもショートコースでベストスコア更新して舞い上がりまくってるバブゴルフです。

f:id:babgolf:20181213222654j:plain

ショートコースのスコアカード

まあね。あれね。

たかがショートコースですからね。

本コースじゃないですからね、、、

参考程度にね、、、

 

メチャクチャ嬉しいですっ。

 

嬉しすぎるんで何故ベストスコアが出たのか考えてみたい。 

それでは今日も無理矢理いってみよー。

アイアンの大きなミスが減ってきたっす。

コントロールショットの練習を続けてきた効果が出てきたと思っております。

久富章嗣先生の教えを守り「ハーフスイングのコントロールショット」

アイアンはフルスイングせずにひたすら、ひたすらコントロールショット。

練習し続ければミート率あがってくるから結局フルスイングと比べても飛距離そんなに変わんないです。

さすがにマン振りよりは10~20ヤードは落ちますが。

5番アイアンを打てるようになってきたのはデカい。

5番アイアン打てるようになってきて長いホールで「あっ乗った!」ってワンオンする事が増えてきました。

長いホールって言ってもショートコースのね。

グリーン周りの引き出しが増えてきたっす。

もうホント馬鹿みたいにショートコース回ったからグリーン周り上手になりましたね。

基本は相変わらず8番アイアンの転がし。

ゴルフ歴2年目は全くラウンドする機会がなくて。

そのかわり愚直にショートコースを回りグリーン周りは8番アイアンで転がすスタイルを見出し1年間ひたすら8番アイアンで転がす日々。

今日もコロコロ明日もコロコロと。

ボギーオンで寄せワンが理想っす。

練習の甲斐あって8番アイアンの転がしには自信もってまして。

下手にグリーンにのって長いパットが残るよりはグリーンのエッジとかカラーから8番アイアンの転がしで打った方が寄る。

ぶっちゃけチップイン狙ってます。

アプローチウエッジで真上からポトンって出来るようになってきました。

さすがに8番アイアンの転がし一辺倒でやれるほどゴルフは甘くなく。

ピンがそこにあんのに転がせない状況に出くわしますよね。

そーゆー場合ボクはアプローチウエッジ。

腰から腰のスイングで「イッチ、二ッ、サンッ」で真上から落とすショット。

サンドウェッジは使いません。

つーかサンドウェッジ、キャディーバッグから抜いてますし。

www.babgolf.com

バンカー越えだと逆に燃える。

「バンカー越え」ってシチュエーション出くわさないほうが良いんですけどね。

でも燃えるっす。

しかも「バンカー越えるか超えないか」くらいで打たないといけない場面が最も燃えるっす。

 

重複しますが基本は腰から腰のスイングで「イッチ、二ッ、サンッ」

アプローチウエッジで。

距離はテークバックは変えずにフォローの大きさだけで調整します。

 

でも、まー本番ではバンカー越えに遭遇しないよう頑張らねば。

バンカーショットのコツがなんとなく分かってきたっす。

固いバンカー専門ですけど。

アプローチウエッジでバンカーショットしてます。

バンカーでもアプローチウエッジ使ってます。

理由は簡単アプローチウエッジで打った時が一番出る。

芝生の上で打つ時と同じスイングをする。

バンカーショットあんま深く考えないようにしてます。

普段と同じスイングするだけ。

変えるのはボールの位置だけ。

いつもよりボール3個ぶんくらい左にするだけ。

ちなみにスタンスはスクエアっす。

つーかボクほぼなんもかんもスクエアっす。

www.babgolf.com

この好調を次のラウンドへ繋ぐと誓う夜。

4日後のラウンドで100切り狙ってます。

あとはドライバーとフェアウェイウッドしだい。

ショートコースとはいえベストスコア更新できてメッチャ嬉しかったですね。

今度のラウンドでアイアンがコノ調子で打てれば絶対100切れると思うんだけどね。

 

そしてドライバーでOB打たなければ、、、

そしてフェアウェイウッドでチョロしなければ、、、

理想はドライバーもアプローチウエッジも同じスイング。

本日、打ちっ放しに行って練習してきました。

ショートアイアンをひたすら打って時々ドライバーを打つ。

ショートアイアンをひたすら打って時々ドライバーを打つ。

このルーティーンが現在の最適解と思っております。

久富章嗣先生の教えを守りボギーペースを貫きます。

もうここまでくれば100切りに必要なのは技術ではなくメンタルとマネジメントだと思っております。


 

 

あと4日。

やれることは全部やる。

 

それではまた次の夜に。