【ゴルフ】飛距離が伸びて狂喜乱舞。お腹を回してドライバー打ってみた。

スポンサーリンク

【ヘソで狙ってヘソで打つ】

【ヘソで狙ってヘソで打つ】

 書斎のゴルフ読んだら凄く記憶に残った言葉がありまして。

「胸でも良いが、僕はお腹。

体の中心を回すようにして、バランス良く体を回転させます」とは優作選手。

引用 「書斎のゴルフ」

 「宮里藍 アプローチの極意」って特集の中の宮里優作選手の一言。

 

この言葉を先日練習中に思いだしまして。

「よしお腹で回ってスイングしよう」と。

「練習に取り入れよう」と色々試行錯誤した結果。

ドライバーがメッチャ飛んだ。

 (当社比ですけど)

 たぶんゴルフ人生の中で一番飛んだ。

 

www.babgolf.com

 

www.babgolf.com

 

まずはウェッジで「お腹を回す」スイングを試してみる。

いつものようにウェッジを練習してたら宮里優作選手の言葉を思い出しまして。

個人的な印象なんですが練習中に突然思いだすキーワードって、たいがい試してみたら凄く役に立つことが多い。

今回は「お腹から回す」

お腹を回すようにテークバックしてみる。

お腹を中心にクルンと回るイメージでウェッジのハーフスイングを打ってみました。

良い感じ。

インパクトが安定。

グリップエンドをお腹につけて素振りしてみる。

「そういえば初心者のころ、こーゆー素振り練習したな」と思いだし。

  • ドライバーを極端に短く持つ。
  • グリップエンドをおへそに当てる。
  • グリップエンドがおへそから離れないようにハーフスイング。

 

www.golfnetwork.co.jp

ゴルフ独特の体の使い方を覚えるのに有効なドリルです。

カラス「だったらずっと、やり続けないとね」

 

僕「ごめんなさいっ!」

 

はい、ごめんなさいです。

この日練習してたら「あっこんな素振りやってたなー」って思いだしまして。

久しぶりにちゃんとやってみる。

 

お腹まではちゃんと回っていない自分に気付く。

ボクけっこう捻転はちゃんとできてるつもりでいたんです。

でもこのグリップエンドをおへそにつけての素振りを久しぶりにやってみたらお腹までは回ってない。

肩はちゃんと回ってるんですがお腹がついてこれてなかったですね。

お腹もちゃんとついてこれるよう意識して素振り。

そしてドライバー打ってみる。

飛んだ。

 

 

 

お腹をまわしてドライバー打ってみる。飛んだねー。

「推定230ヤード」ボクにとっては凄い飛距離。

ふだんラウンドでボク180ヤードくらいですよ。

今まで練習場でマン振りしても200ヤードって感じだったのに。

「あれー230ヤードくらい飛んじゃったー」って。

ビックリしました。

 

練習場では他の方たちの目がありますんでクールにフィニッシュとってましたけどね。

内心は心臓バクバクでした。

はい、分かっています。

ラウンドでこの飛距離をそのまま出すのは無理ですね。

まだまだ修行が足りません。

でもね。

「力まないで振っても体全体を使えばちゃんと飛ぶんだ」って感覚を実感できたのはデカいですね。

 

お腹中心で回るスイングおそるべし。

初心に帰って良かった。

これをキッカケにドライバー安定させたいな。

捻転の大事さを改めて思い知りました。

「捻転、捻転」と心に刻む。

そして「力まない」も心に刻む。

せっかく体を使って飛距離が伸びたんだから、ここで力んで曲がりだしたら元も子もないっす。

「リキマナイ」

 
 
 
View this post on Instagram

リキマナイ。

babさん(@bab_golf)がシェアした投稿 -

 

それではまた次の夜に。

 

にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ
にほんブログ村