テキサスアプローチ番長を目指す。訳あって別の意味で(涙)

スポンサーリンク

【テキサスアプローチ番長目指せ】

【テキサスアプローチ番長目指せ】

僕「どうも。この前のラウンドで120叩いてしまったバブゴルフです(涙)」

 

もうテキサスアプローチ番長目指しますよ。

グリーン周りで打ちのめされたラウンド。

この前のラウンド自分では得意だと思っていた短いアプローチをことごとく失敗しまして前半大叩き。

「これではイカン」と思い後半パターでアプローチできる状況は全てパターを選択。

おかげで後半はスコア少しまとまる。

「パターでのアプローチ練習をする」と決意。

いわゆるテキサスウェッジってやつですね。

www.hm-golf.com

カラス「キミいままでテキサス・アプローチって連呼してなかったっけ?」

 

僕「テ、テキサス、テ、テキサス・・・」

ボク、

テキサス

アプローチ番長になる。

( ✧Д✧) キラーン

カラス「あっ、開き直った」

 

「58度のウェッジでトンッキュキュッってアプローチ打つぜ」とか格好付けてる場合ではない。

ラウンド中のプレッシャーがかかる場面でも簡単にできる技を増やし、その精度を上げていかなければと拳にぎりしめるボク。

 

 

 

そしてランニングアプローチ番長も目指します。

アイアンで上からドスンとグリーンに落とすと気持ちいいですけどね。

この前のラウンドそれは結構できました。

でも、やはり転がせる場面は徹底して転がそうと決意。

今回50ヤード位の距離は8番アイアンの転がしで狙ってうまくいきました。

しかしそれ以上の距離を8番アイアンの転がしで狙ったらちょっと足りなかった。

60ヤードから70ヤードも転がせるなら転がして狙う。

この距離は5番アイアンか7番ユーティリティのランニングアプローチで次回は狙ってみようかと企み中です。

この前練習場で試したら7番ユーティリティーがいい感じ。

ちょっと7番ユーティリティーのランニングアプローチ研究してみよう。

5番アイアンのランニングアプローチも打てるように練習しよう。

簡単にできることを増やしてその精度を上げる。

 

 

 

次のラウンドの課題はテキサス・ウェッジとランニング・アプローチに決定。

僕「よっしゃランニング・アプローチ頑張るぞ」

 

カラス「賛成だな。キミはランニング・アプローチ上手だよ」

 

僕「そ、そうか!よっしゃこのイキオイでテキサス・ウェッジも・・」

 

カラス「テキサス・アプローチって連呼してなかったっけ?」

ボク、

テキサス

アプローチ番長になる。

( ✧Д✧) キラーン

心の声(…あっ…開き……直った……)

 

カラス「完全に開き直ったね」

 

それではまた次の夜に(涙)