【ゴルフ】距離感を研ぎ澄ます旅へ出るぞ。行くぜ相棒、52度ウェッジちゃん。

スポンサーリンク

f:id:babgolf:20210117093839j:plain

【40ヤードとか30ヤードとか】

どうも。
ちょっと苦手だった「ウェッジを開いて打つ」を克服しつつあるバブゴルフです。

 

開き方とかのコツを1回つかんでしまえば「打つだけ」だったら意外と簡単でした。

 

参考になったのは倉本昌弘さんYouTube

 

www.youtube.com

 

あとは距離感。


動画の中で「距離感を合わせるには相当な練習量が必要です」と。

頑張ります。

 

人工芝では、けっこう練習しました。

「飛距離こんな感じかなか?」ってイメージは出来てきた。
練習で最近ウェッジ以外は、ほとんど打ってませんでしたね。

 

いよいよ天然芝で試すフェーズ。
ラウンドでウェッジ開いて打ってきました。

 

失敗もしたけど、それもまた良し。
生きたデータが取れました。

 

 

40ヤードは小さく構える事に集中。

パー5のサードショットでした。
ドライバーもフェアウェイウッドも、けっこう上手く打ててグリーン近い。

 

エッジまで45ヤード、ピンまで60ヤード弱。

50ヤード打ちたい場面。

 

  • 52度ウェッジを指3本分くらいグリップを余らせて握って
  • スタンスは肩幅より小さく
  • フェースの開き具合は、ほんの少し
  • そして「飛ばない」と信じて振り切るっ!

 

そしたら・・・

ほんと飛ばなかった・・・
40ヤードで見事にバンカーへ。

 

 真上にポーンって飛んで、弾道的には良かったんだけど。

 

でもデータがとれたのでバンカーインでも良しっ!
その後、砂イチでパー取れたし。

 

ボクの場合、天然芝でウェッジを開いて打つと人工芝より飛ばないみたい。
これも良い教訓、良いデータとなりました。

 

あっ、それと「開いて打つ」練習を始めてから、バンカーショット明らかに上手くなってきてます。

マジで。

 

目指せ砂番長。

www.babgolf.com

 

30ヤードは緩まないことに集中。

 

30ヤードのデータが取れた場面もバンカー超え。


まあ、そのための「開いて打つ」な訳だしボクの場合。
バンカー越えはボクの宿命なのです。

 

ピンはけっこう手前。
ボールからのピンまで、ほぼ30ヤード。


バンカーのエッジからピンまでは7ヤードくらい。
適度なプレッシャー。

 

  • グリップは気持ち短く
  • 開き具合は1時弱
  • 気持ち強めのハーフスイング

そして緩まない事だけに集中して振り抜く!

 

打った瞬間「行ったっ!」って思いました。

 

美しくフンワリ飛んでピン側1メートルにポトリ。
超気持ち良かった。

 

これ毎回打てれば凄い戦力になるっ!

(毎回打てればね・・・)

 

ちなみにこの時、1メートルのパットは外してボギー(涙)

練習しなきゃなパッティング・・・

 

あとは距離感を積み重ねていくのみ。

 

さっきも書いたけど天然芝で「開いて打つ」とボクの場合は人工芝の時より飛ばないみたい。

普通のショットは人工芝より天然芝の方が飛ぶんだけどねボク。
まあ、色々と要因はあるんでしょうけど。

 

今回ラウンドでいろいろ試して肌感覚としてはデータが取れた。
打ち込んで精度を上げるぞ。

 

そしてもっとラウンドで試して距離感を積み上げる。
精進あるのみ。


がんばりまっす。

 

それではまた次の夜に。

 

にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ
にほんブログ村