【ゴルフ】ドライバーなくても100切れました報告。

スポンサーリンク

【ドライバーなしで97】

【ドライバーなしで97】

どうも。

ドライバー封印中のバブゴルフゴルフです。

 

ドライバー封印して2回目のラウンド行ってきました。

なんとか二桁復帰です。

良く考えたらドライバーなしラウンドでは初の100切り。

 

僕「そうなんです。ドライバーなくても100は簡単に切れるのです」

 

カラス「必死なようにしか見えなかったけど・・・」 

 

僕「うん必死(涙)なりふり構わず刻んだ(涙)」

 

今日はそんな必死なドライバーなし100切りラウンドの報告です。

今日の記事が100切ったことのない方々の参考になれば幸いです。

僕「そして全世界のドライバーを封印してるゴルファーのために」

 

カラス「大きく出たね」

 

それでは行ってみよ〜。

 

フェアウェイウッドが活躍。

ティーショットは5番ウッドで「180ヤード」

パー4、パー5のティーショットは全部5番ウッド。

平均飛距離は180ヤードって感じでしょうか。

【フェアウェイど真ん中キープ】

【フェアウェイど真ん中キープ】

 

チョロって100ヤードが1回、こすって150ヤードが2回ほどあったけど。

 

僕「チョロしても大丈夫っ!」

 

カラス「いや、チョロはしない方が良いと思うよ・・・」

 

久富章嗣先生も「ティーショットは150ヤード飛べばOK」と仰ってますし。

まあまあ合格かと。


 

 

 長いセカンド、サードは7番ウッドのコントロールショットで150ヤードずつ地道に刻んだ。

200ヤード以上残ってる長いセカンドショットやサードショットは全部7番ウッドで安全第一のスリークォーターショット。

 

飛距離は、だいたい150ヤードだと思います。

「あと何打でグリーン周りまで行かなきゃ」とか考えずに「そのうちグリーンが見えてくるさ」くらいのノリでコツコツ進む。

 

100ヤード切ってから勝負しました。

 100ヤード切るまでは我慢。

7番ウッドでコツコツ前に進んでいると、そのうちグリーンが見えてきます。

グリーンが見えてきたからと焦ってはいけない。

 

エッジまで100ヤード以上ある場合は刻んで花道狙い。

「せめてボギーオン」ってはやる心を抑えて刻む。

得意な8番アイアンで刻む。

長いパー4で刻んでボギーオン出来なかった場合は次の52度の寄せで勝負。

【目指せボギーオン】

【目指せボギーオン】



100ヤード切ったらグリーンセンター狙い。

「これがのればボギーオン、またはパーオン」って状況で100ヤードだったらグリーンを直接狙いました。

でも狙うのはグリーンセンター。

ピンがどこに切ってあっても狙うのはグリーンセンター。

もしグリーンの右にバンカーがあったら保険をかけてグリーンセンターより少し左を向く感じ。

とにかくグリーンにのってしまえばOKな感じです。

 

グリーン周りまで来たら「攻め」でグリーンのったら「守り」

得意の52度ウェッジだけはある程度リスクをとって勝負しました。

今回のラウンド、実は作戦名がありました。

ズバリ「刻んで刻んで大作戦」

 

www.babgolf.com

 

刻んだおかげでドライバーなしでも100切れたってのもあるけど「ちょっと刻み過ぎちゃったかな?」ってのもある。

まー、そこは今後の課題。

 

今回のラウンドは「刻んで刻んで大作戦」だった訳ですが52度ウェッジを握った時は話がかわります。

ボクが1番練習してるクラブは52度ウェッジ。

全幅の信頼を寄せるクラブです。

 

www.babgolf.com

52度ウェッジを持ったらイケイケドンドンです。

 

だいたいピンまで70ヤード切った辺りからは52度1本。

失敗しても構いません。

 

52度だけは攻めまくるスタイルを当分続けます。

(たぶん・・・)

 

今回52度ウェッジの出番が多かったのが40ヤードくらいの微妙な距離。

小さめのスリークォーターショットでフワッとあげてポトリって感じです。

【フンワリ上げて40ヤード】

【フンワリ上げて40ヤード】

 

今まで、あんまり意識してなかったけど、どうやらボクこの打ち方は得意な様子。

 

3〜4回ほど打ちましたが全部ノーミス。

ベタピンって訳には行きませんでしたが全部2パット圏内にのってくれました。

 

ちょっと、この打ち方特訓して磨いていこう。

大きな戦力になる予感がします。

 

1パット目は徹底して「寄せ」カップインを狙うのは1メートル切ってから。

1パット目は「絶対にカップインを狙わない」と心に決めてのラウンドでした。

とにかく寄せに徹しました。

 

ロングパットが寄りきらず数メートル残った時は2パット目でも寄せに徹しました。

グリーン上は、とにかく我慢。

 

3パットしても良い(良くない)

4パットや5パットだけは絶対に出さない覚悟で。

 

今回この我慢は功を奏したと思っております。

この日カップの位置けっこう厳しかったもんね。

傾斜の途中とか。

 

同伴者さん泣いてましたもん。

 

【カップは近くて遠い(涙)】

カップは近くて遠い(涙)】

寄せに徹するパッティングしてなかったらパット数40を超えてたと思います。

さすがに40パット以上したら100切りは厳しい。

 

ボクのパット数ベストは「34」

 

www.babgolf.com

 


 

 

もっと楽に100切りたいな、そして次もドライバーは封印です。

課題その1「フェアウェイウッドの安定」

チョロを撲滅しないとなー。

2発、いや3発チョロ打っちゃったかな。

これがなければスコアあと3打は縮められたのに。

 

課題その2「寄せの精度を上げる」

トップしてホームランが1回(涙)

ざっくりして超ロングパットが残るが1回(涙)

 

これがなければスコアあと3打は縮められたのに。

ウェッジもっと練習するぞ。

 

R2 11/30 追記

「ヒールを浮かせてトゥで打つアプローチ」を取り入れてからザックリ激減しました。

吊るして打つアプローチっす。

www.babgolf.com

 

課題その3「3パット撲滅(涙)」

ロングパットを打ち切りたいな。

もうロングパットだけはオーバーしても良いくらいに強気に打つか?

そうすれば3パットも減ってスコアあと3打は縮められたのに。

 

って課題を全部クリアしたら90切るじゃん!

 

僕「よしっ、次のラウンドで90切り達成だっ!」

って馬鹿。

 

がっつきませんよ。

地道に行きます。

とりあえずはドライバーなしでの95切りを目指します。

 

それではまた次の夜に。

 

にほんブログ村 ゴルフブログ 100切りゴルファーへ
にほんブログ村