【ゴルフ】100切り狙うユーティリティ重視の戦略。

スポンサーリンク

どうも。ラウンドする度に「次のラウンドで100切る」って宣言してるバブゴルフです。

今回も宣言しますよ。

「次のラウンドで100切る」

今回で4回目の宣言(涙)

もうオオカミ少年状態。

 

しかし今回は一つ大きなアドバンテージがあります。

初めて2回連続で同じコースを回れることになりました。

リベンジ決定です。

よかった事わるかった事はっきり覚えてる。
スパンとしては3週間ぶりになる予定。
前回のラウンドはスコア「105」

 

今日は戦略を考える。脳が煮えるまで考えろボク。

それでは今日も無理やりいってみよー。

ドライバーの封印はとかない。

ドライバー封印

ドライバーなし ユーティリティ3本体制

ドライバーは封印してます。

前回ラウンドしたクリスマスの夜に封印を決意しました。

www.babgolf.com

ティーショットはユーティリティで打ちます。

頼むぜユーティリティちゃん達

ナイキ SasQuatch SUMO2 2番ユーティリティ17度

ティーショット用に購入したんですが練習場で打ってみて「セカンドでも行けるかも?」と手ごたえがありました。
初の実戦投入です。


現場で使い方を覚えます。
par5の長いセカンドは2番ユーティリティで打てたらと思っております。

ナイキ SasQuatch SUMO2 4番ユーティリティ23度

前回のラウンドで封印といたら大爆発で一気にボクの中でエースクラブになりました。
色んな場面で頼る。 

ナイキ SasQuatch SUMO2 7番ユーティリティ

7番ユーティリティー

正確にはこれ ユーティリティではないんですけどね。

ナイキ的には「ハイブリッドアイアン」

実はラウンドで使うのは久しぶり。

4番ユーティリティの好調に合わせて1軍復帰。

 

par4はアイアンの第3打勝負。

3本の ユーティリティを使って、なるべく安全に第3打勝負に持ち込む。

そしてアイアン勝負っす。

ボギーオン狙いの100ヤード近辺が鍵になると予想。

ボギーオン狙いのショットが100ヤードくらい残るってのは少し悲しいですが。

飛ばないもんはしょうがないっす。

もうココは上手くなるしかないっす。

アプローチウェッジの精度を上げていく。

幸いな事にアプローチウェッジは得意っす。

ここの精度をひたすら上げていく。

 

 

 

par3は強気に行こうかと目論んでおります。

バンカー苦手じゃないんで。

今回まわるコースのpar3は3ホールが池のないレイアウト。ガードバンカーはありますが。

PAR3 188ヤード

PAR3 188ヤード

(注 画像の218ヤードって表示はバックティーです)

バンカーは恐れずに打ちたい。

もちろんバンカーは入れないに越したことはないんですが恐がり過ぎても駄目だとショートコースで練習してて思う。

よっしゃショートコース行ってバンカー特訓をしよう。ちなみにショートコースのベストスコアは「27」

www.babgolf.com

ごめんなさいチョット自慢してみたかった。

つーか100切れよってね。ごめんなさい。

100切りを諦めた第16ホール。

 

前回は、このホールでやられた。ティーショットを打った瞬間に僅かに残っていた100切りの望みを絶たれました。7番アイアンが、まさかの右まっしぐらでOB。

184ヤードpar3痛恨の極みっす。
今度は4番ユーティリティで狙うっす。

リベンジするっす。

 

ゴルフパートナー 別館 楽天市場店

 

グリーン周りは今まで通りで。

ふだんショートコースでやってる事を粛々と遂行あるのみ。

100ヤード以内に侵入してしまえば落ち着いてやれる自信はついた。

www.babgolf.com

さて戦略は決まった。

あとはやるのみ。がんばれボク。

それではまた次の夜に。

 

2019年4月4日追記

100切りました。

ウェッジ中心で組み立てたマネジメントを、この記事で紹介したユーティリティたちが切れきれで支えてきれました。

 

www.babgolf.com