【ゴルフ】サンドウェッジ特訓開始。

スポンサーリンク

【右手はそえるだけ】

【右手はそえるだけ】

カラス「今日も練習行ってきたのかい?」

 

僕「行ってきたっ!」

カラス「今日のテーマはなんだったんだい?」

 

僕「56度のウェッジっ!」

 

カラス「封印してるクラブだね」

 

僕「うん」

www.babgolf.com

 

 

ほぼ封印状態の56度のウェッジ。

 

心の声「(…きこえますか…バブゴルフよ……ツイートで……58度って…連呼してるけど……)」

 

f:id:babgolf:20190319144704j:image

 

心の声「(…56度…ですよ……)」

 

僕「ああああああああああ嗚呼っ」

 

56度です(涙)

ナイキのGROOVESちゃん。

もう一回言っときます。

このウェッジは56度です。

さて気をとりなおして。

最近のラウンドで下の絵のような状況で痛い目を見ることが多くてですね。

 
 
 
View this post on Instagram

weakness #golf

babさん(@bab_golf)がシェアした投稿 -

転がせない状況の短いアプローチに苦労してます。 

  • 転がせないし
  • アプローチウェッジだと飛びすぎるし
  • フェースを開いてフワッと上げる力量なんかないし


56度のウェッジの必要性を痛感してる今日この頃です。

なので今日は56度のウェッジの封印を本格的に解くべく特訓。

 

 

 

ドライビング・レンジとアプローチ練習場を行ったりきたり。

レンジで「こんな感じかなー?」って練習して「よっしゃ」と思って芝生で打つと

  • 飛びすぎる
  • それを嫌って緩む
  • 挙句の果てはトップしてホームラン

やっぱ人工芝と天然芝は全然ちがいますよね。

芝生で試行錯誤して「おっ、今の良かった」って感触を持てたら、それを固めるためにレンジに戻って黙々と打つ。

そんなこんなでレンジと芝生を3往復3時間。

 

 

 

ひたすら56度のウェッジを練習しての本日の気づき。

  • 右手は添えるだけ。
  • バンスをストンと落とす感じ。
  • テークバックは低く真っすぐ後ろに 

僕「安西先生っ!右手は添えるだけなんですねっ!」

 

カラス「いや、あれは左手だし」

 

心の声「(…きこえますか…安西先生……ゴルフ……が…したい…です…)」

 

カラス「いや、あれはバスケだし。怒られるよ」

カラス「ちなみに一番の名シーンは桜木と流川のハイタッチだね」

 

僕「ってお前もかいっ」

 

カラス「全巻よんだからね」

それではまた次の夜に。